「最低限、なんとか伝わる英語」を習得


日本に生まれ育った普通の日本人の方々のための、現実的な英会話学習法。
 
 

 
 ■ 「暗記」 


実際の会話において、普通の日本人の口から現実的に出てき得る英語とは、

結局、その時点で暗記されているもの が中心になるからです。

せいぜい、「暗記されているもの+アルファ」程度 になる、ということ。

なんだかんだ言っても、われわれ日本人が話す際に最も頼りになるのは、暗記されている英語なのです。 

 


* 暗記されてあっても、即座には出てこないものもあります。

実際に外国人を前にした会話では、緊張もしますから。

暗記されているものですら出てこないこともあるのですから、暗記されていなければなおさら出てこなくなります。


* 暗記されていなくとも、出てくる英語もあります。

会話の最中に思い出したり、考えたりすることで出てくる場合もあります。

ただしこの場合も、暗記させてある英語を発しつつ、時間を稼ぎながら、その間に考えて・・・となるのが現実です。 

つまり、暗記されている語句があるからこそできることであり、それがなければ、「この時間を稼ぐ」ことができませんから、「ずーっとっ黙ったまま」になります。



 
■ 「最低限」に絞る


暗記する対象は、徹底的に絞ります。

特定の英文をまるごと暗記していったとしても、それとまったく同じ英文を使用する機会など限られますし、その英文以外に応用が利かなかったりします。

一方、あらゆる状況に対応するだけの英文全文一語一句を暗記させておくことなど、とても無理。不可能です。



そこで、なんとか伝わる英語においても最低限必要になる部分として、数多くの英文の最大公約数である 英文冒頭2〜3語の組合せ・パターンに絞って 暗記することを提唱しています。

→ 「2〜3語を暗記して、最低限の英語を」