お知らせ

2019年3月、大和出版様より本が出版されました!
全国書店で販売中です。

「ネイティブ英語」よりも「日本人英語」を。普通の日本人が「なんとか伝わる英語」を話すためのエッセンスが詰まっています。

160.jpg

教室の特長

初心者の方々に現実的な英会話力を。

キーワードは、「ごまかす」こと。

日本人が英語を話すためには、都度日本語で頭の中に浮かぶ「言いたいこと」を英訳し、さらにそれを口から発するという作業になります。

一方、われわれ一般的な日本人の英語力など、たかが知れています。無制限に思いつく日本語を即座に正確に表現する英語力など、そもそも持ち合わせていないのです。ましてや「ネイティブみたいに・・」など言わずもがな。 

一方、この足りない英語力を上げるためには地道な努力と膨大な時間を要しますが、普通の日本人にはそんな気力や時間はありません。つまり、英語力は簡単に上がらないということ。

英語力が不足していて、かつ英語力が短期間で上がることが見込めないのなら、ごまかすことです。

ごまかすことで、伝えたいことの趣旨をなんとか表現できる程度の英語を発する。これこそ日本人にとっての現実的な英会話なのです。

ごまかすための3つの方法

教室では、ごまかす方法として以下の3つの方法を提唱し、レッスンを通じてそれぞれを習得して頂いています。

 

1. 最初の2〜3語だけでごまかす


英文最初の2〜3語だけは正しく。4語目以降は適当に。間違えても気にしない。

→詳細へ

 


2.単語を使い回してごまかす


簡単な単語をできるだけ幅広い意味に使い回す。多少正確でなくても気にしない。

→詳細へ

 


3.和文和訳してごまかす


頭に浮かぶ伝えたいこと(日本語)は、いったん簡単な英語で表現できるような日本語に換える。和文を和文に訳す、和文和訳。伝えたいことを100%表現できていなくても気にしない。

詳細へ