教室の特長

わたしは日本で生まれ育ち、超初心者の段階から日本国内にて苦労しながら、英会話を上達させました。

そんな苦労していた当時に感じていた、

「こんな教材があればなぁ・・」

「こんなレッスンがあったらなぁ・・」 

という思い。れらを具現化することを目的に2006年に教室を開業し、これまでに10,000回を超えるレッスンを提供させて頂いています。



メソッドの特長

英会話力をつけるためには、「発すること」と同様に、いやそれ以上に、「聞くこと」が大切です。



1.「聞くこと」


聞いた英語をマネして発してみること。これを繰り返して英会話力は上達していくもの。

つまり、実は「聞くこと」はとても大切なのです。

一方、多くの方々は「英語を聞く」というと瞬間的に「ネイティブ英語」を思い浮かべ、ネイティブ英語を聞くことに時間を費やします。

しかしながら、ほとんど話せるようにはなりません。なぜなら頑張って聞いているその英語は、マネして発しづらい英語だから。

最初からマネしやすい英語を聞かねば、発する練習につながらないのです。

→「脱ネイティブ英語のすすめ」




2.「発すること」


マネしやすい英語を聞き、マネして発する練習。

つまり、レッスンにおいて発して頂く英語とは、あくまで皆さまと同じ境遇にあったわたしが実際に話せるようになっているレベルの英語になります。

よって、提供しているレッスンは、「ネイティブみたいな英語を話したい」という方にはまったく役に立ちません。

→「レッスンの概要」へ